衝動買いを抑えたい

yukatauveron_買い物
「衝動買い」とは、将来の金策、本当に必要か、実用性などを忘れて一時の欲望だけで買い物をしてしまうこと、と辞書に書いてありました。全くその通りで耳が痛いです。この世の中に「衝動買い」をした事がない、という人はいるのでしょうか?皆、一度は必ずした事があると答えると思うのですがどうでしょうか。脂肪と病気。この2つを結びつけるものは一体何なのでしょうか。

「衝動買い」のイメージとしては「衝動買い」=「失敗」です。私の場合、「衝動買い」をして成功やったという記憶がないのです。何かしら失敗したと、後で後悔したことが多いです。失敗の多くは、お店で見た時は可愛いかったのに家に帰ってみたら、何だか違った。とか他の洋服との組み合わせがわからないなど・・・多々あります。それに、今は男性向けの美容室というものも登場してきているようです。

今、現在「衝動買い」は多少減りましたが、誘惑はとても多いですね。ネットを見ても買い物に行ってもほしいものだらけです。食料品なんかは別として「衣料品」は絶対にその場で買わないようにしています。何日か考えてそれでもまだ欲しいと思った時だけ買いますが、大抵は何日か考えている間に、欲しい!と思う気持ちがだんだんと少なくなってくるものです。不思議なのは、思い切って買おうとしたときに「売り切れ」であっても、あまり残念でなく、すぎにあきらめられるという事です。なんだか不思議というか、おもしろいですね。

私は「衝動買い」はできればしたくないと思っていますが今の社会は誘惑が多いのが困りものです。こんな事を思いながらパソコンを見ていたら「無駄遣いをなくすための2つの判断基準」というのが出て来ました。ニュースクールとオールド・スクールはストリートダンスの基本とも言えます。興味深く内容をみてみると①それを買ったときの満足感や幸福感の大きさ②それを買わなかったときのストレスや損失の大きさ、とありました。なるほど・・と納得です。やはり、物を買うときは良く考えて買うべきなのでしょう。ですが、「衝動買い」にも良い点はあります。「衝動買い」をすると、嬉しくなる、気分が良くなる、プチ贅沢などいい面もたくさんあると思います。

よく、ストレスが溜まると「衝動買い」をする人が多いと聞きます。もちろん私もその一人です。あまり高価でなければ、ストレス発散にいいのではないでしょうか?自分の支払える金額のなかでの「衝動買い」は十分許されると思うのです。私も忙しい日が続くと、ちょっとプチ贅沢な気分で、ささやかな「衝動買い」をして、明日も頑張るぞ!っていう気分になる事にします。「衝動買い」ちょっと楽しいですね。